コラーゲンはそのまま体に摂り入れることよりも体の中でコラーゲンを生成していくことが大切です。それを助ける成分とそれらの成分が含まれている食品をご紹介していますので、お肌をきれいにしたい方は必見の内容です。

基礎知識

コラーゲンを直接食べても意味がない!コラーゲンの生成を促進する食べ物(食品)について

更新日:

お肌をプルプルの役割を果たしている成分として知られているのがコラーゲン。

お肌のハリや弾力のためにコラーゲンを食べれば良いと、積極的にコラーゲンたっぷりの食べ物を食べる方もいらっしゃいます。

実は、コラーゲンを食べても直接お肌のコラーゲンにはならないんですよ!

ここでは、コラーゲンを食べても効果がない理由と、コラーゲン生成を促進する食べ物について詳しく解説していきます。

お肌プルプルになると思って豚足(テビチ)ばっかり食べてた方必見です!

コラーゲンを直接食べても肌のコラーゲンにはらない!

肌のコラーゲンにはならない

コラーゲンとは細胞と細胞の間でクッションの役割を果たしているタンパク質で、お肌のハリは、このコラーゲンが支えているのです。

コラーゲンの役割

ですが、食品として摂取されたコラーゲンは消化酵素の働きによってアミノ酸として分解され吸収されるんです。この時点で食べたコラーゲンはコラーゲンではなくなってしまうのです。

 

つまりコラーゲンを食べて、直接お肌のコラーゲンが補給されることはありえない!

食べたコラーゲンが肌のコラーゲンになる確率は・・・

食べたコラーゲンが肌のコラーゲンになる確率

ほとんどゼロ!

では、体のコラーゲンはどうやって作られているのか気になる方も多いと思いますので、日々の食事からコラーゲンを作るためにはどういった食事を意識したらいいのかのか、コラーゲンの生成を促進する成分と、それらを多く含む食品についてまとめました。

コラーゲンの生成の成分とは

そもそも、コラーゲンというのは、外から摂取しなくても、体の中から作りだせるものなのです。それには、コラーゲンを生成する成分が必要となっていますが、一体どんな成分なのでしょうか。

コラーゲンはたんぱく質の仲間となりますから、たんぱく質を摂ってあげることがマストとなります。

その中でも、たんぱく質から分解されてできる「アミノ酸」です。

アミノ酸とは

アミノ酸は人間が生きていくために欠かせない成分でもあり、とても重要でアミノ酸が不足してしまうと、新しく生まれたコラーゲンの合成や古いコラーゲンの分解がうまく機能しなくなります。

そのため、常に一定量のアミノ酸をキープすることで、新しいコラーゲンを生成しやすくしてくれるのです。

ビタミンC

そして、お肌と言えばな成分、「ビタミンC」です。

ビタミンCはコラーゲンの生成を促進し、お肌を守る機能も持っている重要な成分です。

しかし、ビタミンCは体内で作れず、日々の食事から得るしかないので、積極的にビタミンCが含まれている食品を食べていきましょう。

ビタミンCは柑橘系の果物にいっぱい含まれているのですが、果物には糖質が多く摂ることになってしまうのです。

※糖質のとりすぎと、今度はコラーゲンを分解してしまうこともあるので、糖質の少ないサプリメントなどがおすすめ。

コラーゲン生成に役立つ人気サプリはこちら

ヒアルロン酸

さらに、「ヒアルロン酸」です。

こちらもコラーゲンの生成を促すのですが、ヒアルロン酸が多く含まれている食べ物というのは、大概アミノ酸が豊富な食品が多いです。

ということで、最初に述べたコラーゲン生成に必要とされる成分であるアミノ酸を摂取することでヒアルロン酸を自然に摂取することができます。

プロリン

最後は、プロリンという、あまり耳にしたことのない成分もこの1つとなります。

こちらもアミノ酸の仲間となるのですが、プロリンは必ずビタミンCとセットでなければならず、そうなることでコラーゲンの生成を活性化してくれます。

コラーゲンの生成を促進する成分が豊富な食品

コラーゲンのサプリメントなどもありますが、やはり、そういった物を利用するよりも、自然な食品からコラーゲンの生成を促す成分を積極的に摂取していきたいですよね。

そこで、コラーゲンの生成に役立つ食品をご紹介しましょう。

アミノ酸を多く含む食品

まずは、アミノ酸を多く含む食品です。

これは、たんぱく質の中でも植物性たんぱく質である豆類を摂ることが良いでしょう。

日本人は特に、大豆を毎日のように体に摂り入れていますよね。

この大豆を使った納豆や豆腐、味噌や醤油を摂れば、アミノ酸がとれます。

そして、根菜類であるごぼうや大根、にんじんなどもアミノ酸が大含まれているだけでなく、ヒアルロン酸も多く含んでいるので、これでコラーゲン生成に必要な成分が一気に摂取できます。

毎にのように飲む味噌汁、これに積極的に根菜を足せば、アミノ酸もヒアルロン酸も豊富に含む食事がとれます。

ヒアルロン酸を含む食べ物

そして、ヒアルロン酸を含む食べ物ですが、鶏肉の骨や脂肪が飛んだ部分です。

例えば、軟骨や手羽、それに豚足ですが、これはコラーゲン自体も含まれているということで、皆さんもご存知ですよね。

他にも、魚類に多く含まれていて、カレイ、ふかひれやうなぎに鮭、それにいわゆるネバネバ食品である納豆やオクラなどにも含まれています。

さらに、ビタミンC、これはよく柑橘類に含まれているということで知られていますよね。

人間の体の中では作られない成分ですから、積極的に摂っていきたい所です。

レモンはビタミンCをトップレベルに含むものですし、ルイボスティー、オレンジやマンゴーなど、のフルーツはビタミンCの宝庫です。

野菜で言えば、ブロッコリーはスーパーフードとしても知られていますが、ビタミンCも豊富に含むおすすめ食品です。

プロリンを多く含む食品

最後は、気になるプロリンです。

これを多く含むのが、豚肉で、豚肉にはビタミンBが含まれて、これとクエン酸を一緒にとることで疲れも取れてお肌にも効果的とされています。

実は、この中にコラーゲンも含まれているので、プロリンとコラーゲンを同時に摂ることができます。

コラーゲンを生成する成分は食事で毎日意識的に摂ろう

コラーゲンを生成する成分は上記のようなものが代表的です。

コラーゲンをそのまま摂るだけでなく、それを生成し、どんどん新しいコラーゲンを作っていけるようにしましょう。

そのためには、上記のような食材を積極的に毎日食事で摂り入れていくことが大事です。

コラーゲン サプリおすすめランキング

-基礎知識

Copyright© コラーゲンを作るサプリの選び方!魚皮由来のフィッシュコラーゲン , 2018 All Rights Reserved.