コラーゲンを手軽に取れるドリンクとサプリメント。どちらにもメリットとデメリットがありますが、大切なのは毎日継続して摂取する事なので、自分が飲みやすいものがベストです。ドリンクやサプリを選ぶ際はコラーゲンの量だけでなく、コラーゲンの効果を最大限に引き出せるような製品を選ぶようにしましょう。

基礎知識

コラーゲンドリンクとサプリの違いとは?どちらを飲むべきかメリットとデメリットを比較

更新日:

コラーゲンを手軽に取れると人気の「コラーゲンドリンク」と「コラーゲンサプリメント」。

ドリンクとサプリメントと形状は違いますが、この2つは効果に違いがあるのでしょうか?

より効果を感じるにはどちらを飲んだら良いのでしょうか?

 

 

即効性は抜群!コラーゲンドリンクのメリットとデメリット

即効性が高い

コラーゲンドリンクの最大のメリットは体への吸収が早いことです。

体内に取り込まれたコラーゲンは肌などに直接働きかけるわけではありません。

体内でアミノ酸に分解されたコラーゲンは小腸で吸収され、体中に運ばれて再びコラーゲンを形成します。

サプリメントは小腸で吸収される小さな分子に分解されなければなりませんが、ドリンクはあらかじめ吸収されやすい形になっているので即効性が高いというメリットがあります。

喉につかえる感じがない

サプリメントタイプは大きさや形状が人によって飲みにくい場合もあります。

喉につかえる感じが苦手という人も意外と多いです。

ドリンクタイプは液体なので喉にスッと入っていくから、サプリメントが苦手な人も毎日続けやすいです。

持ち運びがしづらい

コラーゲンドリンクはビンに入っているため、サプリメントに比べると重くなります。

さらにかさばるので、外出先で飲む時ために持ち運びをしづらいです。

特に長期の旅行や出張など数日分を持ち運ぶのは荷物になってしまい大変です。

値段が高い

コラーゲンサプリメントは1日分が数十円程度であるのに対し、コラーゲンドリンクは1本数百円と値段が高いというデメリットがあります。

特別な日に飲む分には負担にならないものの、毎日続けるとなるとコストが高くなり負担が大きくなってしまいます。

・味によっては飲みにくい

コラーゲンドリンクはフルーティーなフレーバーなど飲みやすくなっていますが、その味がかえって苦手という人も。

味によって好き嫌いが分かれるので、好みの味でない場合は続けるのが苦痛になることも。

保管が大変

コラーゲンドリンクは一旦開封をすると冷蔵庫で保管をする必要があります。

外出先などでドリンクを飲みきれなかった時、冷蔵庫がないと保管をすることもできません。

またドリンクが苦手な人でも冷やすと飲みやすさがアップするものの、冷蔵庫のない環境では冷やすことができません。

価格が安く続けやすい!コラーゲンサプリのメリット・デメリット

飲みやすい

コラーゲンサプリの良さは何と言っても飲みやすい点です。

ドリンクのように癖も香りも強くないので、「味が苦手で飲めない」ということもほとんどありません。

ドリンクは食欲のないときなどは飲みにくいこともありますが、コラーゲンサプリは水やぬるま湯でサッと飲めるから継続して飲み続けることができます。

1日数粒程度飲めばよいだけなので、どこでもサッと飲めるのみ安さが嬉しいですね。

値段が安いから続けやすい

コラーゲンドリンクが1本数百円するのに対し、コラーゲンサプリメントは1日数十円なのでお財布にやさしいです。

サプリメントは継続することが一番重要ですが、効果なドリンクを毎日飲み続けるのは家計の負担にもなります。

コラーゲンサプリメントなら無理のない値段で購入できるから、続けることができるのです。

どこにでも手軽に持ち運べる

コラーゲンサプリはコラーゲンドリンクのようにかさばらないので、どこにでも手軽に持ち運べます。

1日数粒程度だから長期間の旅行に持って行っても邪魔にならないので、毎日飲み続けるのも負担になりません。

ドリンクの方が即効性がある

コラーゲンサプリのデメリットは、効果をすぐには感じられないところです。

コラーゲンドリンクは有効成分が低分子化され、さらに効果を高くするために成分を濃縮しています。

そのためコラーゲンドリンクには即効性があります。

コラーゲンサプリは吸収されやすい形に分解されないとならず、様々な要素が濃縮されているコラーゲンドリンクに比べると成分はどうしても劣ってしまいます。

人によっては飲むのが大変ということも

コラーゲンサプリにも形状はたくさんあります。

タブレット状やカプセル状、また大きさも製品によって異なります。

人によってはサプリの形状が合わず飲みにくいと感じることも。

ドリンクタイプのように全ての人の喉にスッと入っていくとは限りません。

コラーゲンドリンクとコラーゲンサプリはどちらの効果が高いか

コラーゲンドリンクもコラーゲンサプリも、どちらも体の中に入ると直接肌などへ作用するのではなく、一度アミノ酸に分解されて小腸に吸収され、体内を巡って様々な部位でコラーゲンに再編成されます。

どちらも吸収されるまでの過程は同じですが、「効果」という面で見るとコラーゲンドリンクに軍配が上がります。

コラーゲンドリンクがコラーゲンサプリよりも効果を感じやすい理由としては、低分子化されていることが上げられます。

体の中でコラーゲンは分解されますが、コラーゲンドリンクはあらかじめ吸収されやすいように小さな分子になっているので、サプリよりも体に吸収されやすくなっています。

さらにコラーゲンドリンクは効果を高めるために濃縮をしています。

低分子化されたコラーゲンが高濃縮されているコラーゲンドリンクは消化吸収に優れているので効果は高く、消化吸収に時間の掛かるコラーゲンサプリに比べても即効性を感じやすいのです。

一方コラーゲンサプリも即効性はないものの、継続して飲み続けることで効果を十分に感じることができます。

1日に必要なコラーゲンの摂取量は、肌への効果を感じたいのであれば5グラム、骨などにも十分な量を摂取したいのであれば10グラムが推奨されています。

ドリンクにしてもサプリにしても大切なのは5~10グラムのコラーゲンの摂取を毎日継続することです。

即効性があるかないかという点を除けば、コラーゲンサプリを継続することでも十分効果を感じることはできるのです。

結局コラーゲンドリンクとコラーゲンサプリはどちらを飲むべき?

コラーゲンドリンクもコラーゲンサプリもどちらも重要なのは「続けること」です。

コラーゲンドリンクも継続することができるのであればおすすめですが、金銭的にも毎日の生活にも負担にならない飲み方ができるのはコラーゲンサプリです。

サプリなら家に居ても外出先でも同じタイミングで飲みやすく、毎日無理なく続けることができます。

効果という点ではドリンクのほうが高く感じられますが、選び方によってはコラーゲンサプリもドリンクに引けを取りません。

コラーゲンサプリは低分子化された「低分子コラーゲン」や「コラーゲンペプチド」などのものを選べば、体にも吸収されやすく効果が期待できます。

また、動物由来ではなく魚由来のコラーゲンを選ぶ、コラーゲンの生成に欠かせないビタミンCを含むものを選ぶなどポイントを抑えればより高い効果を感じることができます。

毎日続けるならコラーゲンサプリ、特別な日の前にはコラーゲンドリンクなど使い分けるのもおすすめの飲み方です。

毎日続けることができるものを選ぼう

コラーゲンドリンクもコラーゲンサプリもメリットとデメリットがあります。

どちらを選んでも大切なのは「毎日継続すること」です。

より負担のない飲み方ができる方をおすすめします。

ドリンクもサプリメントもどちらも成分はとても重要です。

コラーゲンの量だけでなくより吸収率を高める成分や製法が取られているものを選ぶようにしましょう。

コラーゲンサプリ人気ランキング

-基礎知識

Copyright© コラーゲンを作るサプリの選び方!魚皮由来のフィッシュコラーゲン , 2018 All Rights Reserved.